和歌山東ロータリークラブ 戦略計画

 我がクラブは1959年に当時の区域限界を持って「和歌山東ロータリークラブ」と命名され誕生し、その後60年以上にわたって地域に貢献すべく活動してきました。
 我々はこの歴史と名称に誇りを持ち、和歌山東ロータリークラブが今後も地域に貢献できるクラブであるよう活動します。
 クラブの歴史を大切にし、現役の会員のみならずOB会員にも敬意を払い、クラブの良き伝統を引き継いでいきます。

 会員の増強の為に、人格及び名声を有する素晴らしい人物を探し、創立65周年までに会員数50名以上を目標とします。創立70周年には70名以上の会員数が目標です。特に重視したいのは、現在クラブにない分類の職業の方々の勧誘です。職業分類の幅を広げることで、我々が得る知識を増やし、交友範囲を広げ、より活気あるクラブを目指します。またOB会員と良好な関係を継続できれば、新入会員の紹介につながることでしょう。

 充実した例会場を確保し続けることも大事です。常に快適な空間、美味しい食事がある会場を保持していくことは、例会を充実させるだけでなく新規会員の獲得にも有利になります。
 例会の内容も大切です。外部講師、会員卓話をバランスよく織り交ぜて、来てタメになる例会、会員同士の相互理解が深まる例会を続けましょう。
 親睦活動の活性化もクラブの一体感を増す効果があります。ゴルフ会のみならず、以前行われていたボウリング・麻雀大会の復活や、グルメ会なども楽しいのではないでしょうか。
 安定したクラブ運営のためには事務局も大事です。例会場に近く費用対効果に優れた事務局を確保する。また事務局員が安心して働くことができる環境づくりに努めなければなりません。

 従来から続く“こばと学園”への奉仕事業は、今や我がクラブにとって活動の中心となっています。“こばと学園”の子供たちとの交流は、我々自身学ばされることも多く、貴重な体験を得ることができます。今後も継続して行うべき事業だと思います。それに加えて新たな奉仕事業も考えたいところです。新しい奉仕事業を考える上で、委員会活動をもっと活発に行っていくことが大切です。積極的に委員会を開催し、意見交換をお願いします。そして背伸びせず身の丈に合った奉仕事業に取り組みましょう。
 我々は、これまでロータリー財団・米山記念奨学会への寄付を続けています。ロータリー財団の基金を積極的に活用すれば、もっとインパクトのある奉仕活動ができます。

 コロナ禍の中、国際奉仕事業が行い難い現状ですが、国際奉仕事業は強化したいポイントです。最近は和歌山にも外国人実習生のように日本で学び働く在留外国人も増えています。彼らが日本で暮らしていく上で、楽しい思い出作りや心の癒しに繋がるような奉仕活動も国際奉仕事業となるのではないでしょうか。
 そして我がクラブの活動を「意義ある奉仕賞」など地区の褒賞部門にエントリーすることで、より会員の意識を高めることができるのではないでしょうか。

 以上をもとに、クラブ戦略計画案を策定します。

  1. 創立65周年までに50名、70周年には70名の正会員。
  2. 職業分類を10分野拡大する。
  3. 快適な空間、美味しい食事、バランスの良い卓話のある例会運営の継続。
  4. 年間3つのクラブ親睦活動の実施。
  5. 積極的な委員会の開催。
  6. こばと学園への継続支援に加え、2つの新規奉仕事業の創生。
  7. ロータリー財団の基金活用と、地区褒章部門へのエントリー。
ページ上部へ戻る