2021~2022年度

和歌山東ロータリー 基本方針

1. 奉仕活動の充実と参加
2. 親睦活動の充実、世代を超えた交流
3. 会員拡大の推進
4. 新たな奉仕活動の検討

2021~2022年度

和歌山東ロータリー テーマ

「手を取り合って、社会の為に」

会長挨拶

会長 瀧川 嘉彦

私は2005年1月に和歌山東ロータリークラブに入会させていただいて今年で17年目になります。その間ロータリーでは様々な委員会や役職を経験させていただく中で自分ではまだまだ経験不足とは感じておりますが、皆様のご推薦を頂き今年度会長を仰せつかることになりました。会員の皆様にご指導ご協力を頂いて一年間クラブを楽しく運営していきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

2021~2022年度国際ロータリーテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。RI会長シャカール・メータ氏は会長挨拶で「ロータリーが私の心に火をつけました。自分の身の回りを超えたところに目を向け、人類全体を考えるようになりました。」と奉仕に対する思いを語り、また女性のエンパワメントと会員増強を呼びかけています。

2021~2022年度地区方針は「広げようロータリーの光を!」です。豊岡ガバナーは「コロナ禍にあって我々一人一人が希望を照らす光となり、その光を広げて行き、志を同じくする仲間を増やしましょう。」と話されています。

今年度和歌山東ロータリークラブの活動としては、まだまだコロナの状況が不透明ではありますので状況を見ながら奉仕活動を活発に行っていきたいと思います。クラブ戦略計画にあります奉仕の2本目、3本目の柱になる活動も検討していきます。またコロナの影響でクラブの親睦活動も以前のようにはできない部分もありますが、夜間例会やIDMも積極的に行っていきたいと思っています。2年間できていない松本空港ロータリークラブとの合同例会は今年度は行う予定で、親睦旅行を兼ねた形で準備を進めています。

皆様のロータリー活動が楽しく充実したものになるように頑張っていきたいと思いますので一年間よろしくお願い申し上げます。

和歌山東ロータリークラブ 例会場

和歌山市七番丁26-1
ダイワロイネットホテル和歌山

和歌山東ロータリークラブ 事務所

和歌山市福町49
和歌山中橋ビル5F(TEL:073-432-4343

ページ上部へ戻る