会長 古屋 光英

会長就任に当たり、所信の一端を述べさせていただき、皆様方のご協力を切にお願い申し上げます。
私はロータリーの勉強は少なく知識不足ですが、ロータリーは高い倫理理念を持ち、各自の職業を高潔なものにして、社会生活に日々奉仕の理念を勉強し実践してゆくにあると思います。
ロータリーの原点は「超我の奉仕」と表現されます。「奉仕」とは広辞苑によると「献身的に国家、社会の為に尽くす」と訳されています。
従って奉仕の目的は、人類が住み易い、幸せな社会生活が出来る環境作りにあると思います。
私はこの良い社会作りに原点を置き、活動して市民に信頼されるクラブを目指したいと考えて居ります。

具体的に申し上げますと

1. 会員増強
 会員増強については、RI会長イアン・H・S・ライズリー氏も地区ガバナー岡本氏も強調されて居ります。
 我がクラブも全力を挙げて努力しましょう。
2. 融和
 会員のチームワークを更に高めて、クラブのムードをアップして新会員が入会しやすい環境作りを行いましょう。
3. 従来事業の継続
 今まで継続してきた事業は更に工夫を凝らし効果を挙げてゆきましょう。
 それがRI会長のイアン・H・S・ライズリー氏「ロータリー変化をもたらす」に結びつくことでしょう。
4. 米山留学生の教育を大切にしましょう
 久しぶりに留学生を引き受ける事になりました。会を挙げて良い方向にゆくよう努力しましょう。
5. 魅力あるクラブに挑戦しましょう
 楽しく意義のあるクラブの活動と例会を行いまた家族と共に旅行等を楽しみながらクラブライフを楽しみましょう。
 我がクラブの奉仕活動状況や志を社会にPRしてクラブの信頼と尊敬を勝ち取りましょう。

幸運にも理事・役員に素晴らしい会員を迎え、心強いものがあります。一致団結してクラブの運営に努力する覚悟であります。
温かい励ましと御協力を心よりお願い申し上げます。

2017~2018年度

和歌山東ロータリー 基本方針

1. 会員増強
2. 融和
3. 従来事業の継続
4. 米山留学生の教育を大切にしましょう
5. 魅力あるクラブに挑戦しましょう

2017~2018年度

和歌山東ロータリー テーマ

奉仕を通じて、皆で行動しよう

ページ上部へ戻る